診療内容|小垣江にしおクリニック|刈谷市の内科、消化器内科、外科、皮膚科、肛門外科、乳腺外科、小児科、リハビリテーション科

9:00~12:30、16:00~19:00|休診日:土曜午後、木・日・祝

消化器内科・外科・皮膚科・肛門外科・乳腺外科・小児科・リハビリテーション科 小垣江にしおクリニック

  • ご予約・お問い合わせはこちら 0566-27-2400
  • アクセスマップはこちら

診療内容|小垣江にしおクリニック|刈谷市の内科、消化器内科、外科、皮膚科、肛門外科、乳腺外科、小児科、リハビリテーション科

巻き爪治療

巻き爪で痛くて歩けない、何度も巻き爪になってしまう方へ

巻き爪とは、ハイヒールや靴のサイズ、深爪、年齢など様々な要因で起こります。
最初は見た目だけの問題ですが、進行すると、爪が皮膚に食い込んで、歩くたびに激しく傷んだり、化膿してしまうことがあります。

症状がひどくなればなるほど、治りにくくなってしまいますので、巻き爪の症状に気づいたら、早めに治療をはじめましょう。

巻き爪の治療方法

巻き爪の治療には、さまざまな方法があります。
当院では、手術をしない保存療法を基本としていますが、症状がひどい方には手術にも対応しています。

保存療法
爪の形をもとに戻すよう矯正していく方法のことです。コットンパッキングやワイヤーを使った方法で爪の形を矯正していきます。ワイヤー矯正を行う場合、当院では軽度の方から重度の方まで対応できるVHO(3TO)療法を採用することが多いです。
手術療法
原因となる爪の一部を切り取る方法のことです。健康保険で行います。

VHO/3TO式巻き爪治療とは?

出血も痛みもなく、ストッキングも破れずはける巻き爪治療

手術をせずに、ワイヤーを使って爪の形を矯正する方法の中で、当院が積極的に採用している方法です。

VHO式巻き爪矯正技術とは、軽度の方はもちろん、重度の方まで対応できる巻き爪の矯正方法です。フスウントシューインスティテュートよりライセンスを取得した医師だけが行える矯正術です。

手術と異なり、出血や痛みもありません。専用のワイヤーを使い、2~3ヶ月に1度の外来通院で治療ができます。

  • 歯科矯正用の弾力性のあるワイヤーを爪の大きさに合わせて切り、爪の形に合わせて曲げる。
  • これを爪の左右に引っ掛け、専用のフックを使って巻き上げ、固定する。
  • 余分なワイヤーをカットした後、人工爪でワイヤーの固定部分をカバーする。

この方法であれば、手術のように爪の幅が狭くなってしまったり、変形したりすることはありません。
また、ワイヤーの端が出ないようにカバーしますので、ストッキングや靴下に引っかかることもありません。
施術当日から入浴、運動もできますし、日常生活には全く支障がありません。

施術時間・施術機関

治療時間は1回15分程度で、治療後に痛むこともありませんので、お仕事帰りの施術も可能です。
爪の状態にもよりますが、2~3ヶ月に1回の来院で、約1年間(3回~4回交換が必要)で治ることが多いです。

治療のご予約のお願い

爪の状態の確認、器具の準備がありますので、受診いただいたその場で治療を行っておりません。
医師の診察後、受付で治療時間の予約をお取りいただき、改めてその時間に施術いたします。

参考サイト

サイドバー付帯情報

小垣江にしおクリニック

住所
刈谷市小垣江町石ノ戸33
TEL
0566-27-2400
診療科目
内科、消化器内科、外科、皮膚科、肛門外科、乳腺外科、小児科、リハビリテーション科

診療時間

診療時間
9:00~12:30
16:00~19:00

:9:00~13:00
休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日

診療カレンダー

Calendar Loading

…休診 …午後休診
…その他